076-218-5506
受付時間 8:30 ~ 17:30 / 土日・祝日を除く

スタッフブログ

前回のブログでは、【事業とプライベートで一体化しているものとは?】【事業に使用している割合を算出して計上する】ということをご紹介しました。 しかし、現実問題として自宅をはっきりと事業用とプライベート用に分けることは難しいことも多いでしょう。 実際のところ、経費として計上する割合は事業主自身の判断……

続きを読む

個人事業主の場合、事業の支出は経費として計上することができます。 ただし、仕事とプライベートで兼用しているものの支出は、全てを経費にできるわけではありません。 代表的なのが、自宅を事務所としても使用している場合の家賃です。 プライベートと一体化している支出に関しては、判断が難しいとされています……

続きを読む

共働き家庭が増えており、男性の積極的な育児参加が求められています。 政府も『イクメンプロジェクト』として男性の育児休業取得率を2020年までに13%とする目標を掲げています。 しかし、『令和元年度雇用均等基本調査』(2020年7月公表)では、男性の育児休業取得率は7.48%(前年度6.16%)に……

続きを読む

  Q:ご質問 相続税が思いのほか高額で、10ヶ月以内に払えそうにありません。納税期間を延長することはできるのでしょうか?また、期間延長以外に払い終えることができる、良い方法はあるのでしょうか?   A:答え 相続税は原則として、相続開始の翌日から、10ヶ月以内に現……

続きを読む

相続税は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10カ月以内に申告と納税をしなければなりません。相続税は現金での一括納付が原則とされ ていることなどから、期限内に払えないケースもあります。もし滞納となった 場合 にはペナルティが課せられます。今回は、そのような状況……

続きを読む

国税庁が平成30年8月に発表した「平成29年度租税滞納状況について」によれば、相続税の新規発生滞納額は314億円に上がっています。   大きな額にも見えるが? 一見、大きな額にも思えますが、相続税の新規発生滞納額は平成2年には1,500億円前後でしたので、その頃に比べると1/……

続きを読む

中小企業経営者にとって、円滑な事業承継は切実な課題です。そんななか2018年の税制改正において、『非上場株式等についての相続税及び贈与税の納税猶予及び免除の特例(事業承継税制)』が抜本的に改正、これまでの事業承継税制の内容を拡充した期限付の特例措置が創設されました。  今回は、……

続きを読む

平成31年度税制改正大綱   平成30年12月14日、自由民主党と公明党が「平成31年度税制改正大綱」を発表しました。平成31年度の税制改正では、平成31年10月に予定されている消費税引き上げ時の景気対策も兼ねているため、一般的には住宅や自動車などの減税にも大きな関……

続きを読む